2017年10月 - お知らせ・コラム

新しい働き方としての副業(複業)


どの年代が副業を活用しているのだろう?

就業構造基本統計によると、

年齢別では

・30歳以上49歳以下は36.2%

・50歳以上69歳以下は46.6%

・15歳以上29歳以下は11.6%

中高年層と、30歳以上の働き盛りのゾーンが副業している人の割合が多い事が分かります。

体力、気力もある年代と、仕事にも余裕が出来ていたゾーンが副業をしているのですね。 



これからは副業、複業が当たりまえになる時代。 

新しい働き方の一つとして考えてもいい時代です。

download.jpg



新しい働き方、それは副業(複業)!


先日ソフトバンクが複業(副業)を解禁したというニュースがありました。

最近話題の複業解禁。

現時点でどの位の企業が副業を解禁しているのでしょうか?



2017年リクルートキャリア調査によると、

就業規則で複業を

・禁止している  48%

・規定自体がない 39.6%

となっています。

規定自体がない、ということは、禁止はしていないので、出来るということになります。

とはいえ、「慣例例的に禁止をしている企業も相当数いる」ということがその調査では示されています。



逆に副業をしている就業者は234万人。

副業を希望する就業者は368万人(5.7%) 

潜在的に希望する就業者は一定数いるということが分かります。 



厚労省の働き方改革実行計画によると今後副業が増えていくという計画が示されています。 

一つの企業に雇用され、ずっと働くというのは「古い」時代の働き方になる、ということですね。

download.jpg



看護と仕事との両立


厚労省と財務省は、25日、予算編成をめぐり診療報酬と介護報酬の改定の検討に入った

というニュースが出ています。

病院で今までは臨終を終える人が一般的でした。

これからの高齢化社会では、

病院はもう一杯になってしまいます。

入院ではなくできれば在宅で療養してほしいという動きは近年病院でもありました。

社会保障費はすでに120兆円を上回っています。

これからは23%増えるという試算もあります。

超高齢化社会到来で、高齢者が回復できる病床の需要は増していますが、追い付いていないのが現状。

つまり、在宅看護が増えてくるということです。

だれが看護をするのか。

それは現役世代のわたしたちです。 

 

つまり、企業が看護と仕事の両立を可能にしない限り、優秀な人材が辞めざるを得ない状況が来ているということです。 

私も他人事ではありません。

じつは好きな場所で仕事をしている、看護をしていないというのは、奇跡的な状況だといえます。 

看護と仕事との両立支援施策も、企業は考えていかなくてはなりませんよ。

images.jpg



仕事が属人化しているのは心理学的に〇〇を満たすようにしているから


無意識のうちに、自分しかできない仕事を作り出す・・

出来るビジネスマンにありがちです。 

でもこれは、本人が本当に臨む時にキャリアアップ出来ない要因になるとご存知でしたか? 

 

仕事の属人化をやめようというのはよく言われる話。

マニュアル化を進めたり、多能工化でジョブローテーションを進めたり、

いろいろ企業は苦心しています。 

 

そんな中でも、自分にしか出来ない状態を無意識に作り出してしまうマネージャーもいます。

情報、ノウハウ、知識を共有したがらないマネージャーです。

彼ら彼女らはお客様や同僚や部下から頼られることにやりがいを感じるタイプ。 

「聞いてもらえる」=頼られる

という構造が出来上がっています。 

 

これは心理学でいう自己重要感が満たされている状態。(かりそめですが)

自分がいないと仕事が回らないということに、自分の重要感を満たしているのですね。 

 

でもこれではいざキャリアアップして転勤する場合に、

その職場を離れられなくなります。

また、本当に「出来る」「分かっている」上司からは評価は低いです。

「教えること」「シェアすること」が出来てマネージャーです。

そのことを知っている上司からの評価は低いでしょう。 

 

ですので、会社としては「いかに教えているか」という項目を評価項目に入れるとよいです。

自己重要感をかりそめの状況で満たしていることは、頭でわかっていても構造に入れ込まないと浸透しません。 

 

企業の評価項目には「人を教えているか」「育てているか」という項目を入れましょう。

それが仕事の属人化を防ぐ一つの方法です。

download.jpg

https://newspicks.com/news/2565815?ref=search&ref_q=%EF%BC%B0%EF%BC%B2&ref_t=top&status=reload



リカレント教育へのシフトへ


厚労省が主婦や社会人の学びなおしのための調査を来年開始。 

学生時代に学んだことをそのまま一生涯活用することなど人生100年、

生涯現役時代突入のこれからは無理。 

 

いつでも40代50、70代でも学びなおしてそれを社会に還元する、

そういう考え方が必要ですね。

https://www.nikkei.com/paper/article/?b=20171024&ng=DGKKZO22617690U7A021C1EE8000



適切な手続きを知らないといつの間にか残業代未払いが発生します


賃金未払いは会社も知らずにやっているかもしれません。


例えば裁量労働制の場合、労使協定を出してますか?
労基法の知識はマストです。

会社としては「適法」なつもりでも、知識をしらないだけで「適法」な手続きを知らないこともありますね。

裁量労働制の場合は、労使協定が必要です。

...出していますか?

再度チェックを。



大手通信企業の副業解禁のニュース


ソフトバンクが副業解禁のニュースがありました。

社外活動を通じて新しいアイディアを得て、

本業に活かすことが目的とのこと。 

 

アイディアの作り方はもうステップに分かれてます。

ひらめきは能力やクリエイティブの感性ではなく、

どれだけ情報をインプットしているかという、アイディアの素のインプット量。 

 

副業解禁によって、アイディアの素に触れる社員が多くなり

本業に活かされる、

それで本業の生産性がアップする、

時代の流れだし、とても効率的ですね。



働き方改革、どこから手をつけていいか分からない貴方に


<働き方改革、どこから手をつけるか分からない企業へ贈るプロジェクト>
働き方改革が叫ばれている今、
複業(副業)を解禁し他社との差別化を図りたい、
複業を解禁して社員の個人の能力をアップさせたい、 
本業(自社)での生産性を2倍にアップさせるための、
複業の解禁に焦点を当てて、働き方改革を実現していきます。
そのために、情報サイトとコンテンツをリリース予定。
その情報をいち早くこちらで展開していきます。
gateway.png



税理士事務所向け働き方改革セミナー実施予定10/23、10/30、11/7,11/14、11/21


【株式会社ココペリインキュベート
    ×港国際ワークスタイル研究所】
士業事務所で、
「いい人材が採れない」「長時間労働が常態化している」
「人材が定着しない」
そんな悩みを持っている士業事務所のご担当者の方はいませんか?
 
士業事務所がこうなる理由は
・仕事の属人化
・知識スキルが偏っている
・教育体制が整っていない
・年間の定型化した業務などで忙しい時期が決まっている

こんな理由が考えられます。
これを解決し他の士業事務所との差別化をしないと、
もう生き残っていけない時代です。 
 
まずは士業事務所特有の上記の原因を、
ステップに分けて解決していく方法をお伝えします。 
 
今回は株式会社ココペリインキュベート様とジョイント♬
日程:
10/23(月)19:00~21:00
10/30(月)19:00~21:00
11/7(火)19:00~21:00
11/14(火)19:00~21:00
11/21(火)19:00~21:00

EntryPoint_homepage_Business_01.jpg



生産性アップにはメールより〇〇〇


「成果を出す人はメールを使わない」

メールの処理で仕事が捗らない人も多い。 

チャットやメールよりよりリアルなコミュニケーションで

仕事の依頼などもこなす人が増えてきています。

 

実際私も、メールより、メッセンジャーやチャットで気軽に話しかけられる感覚で、

「~ですか?」と聞かれたり「~をお願い」と言われることが多いです。 

 

メールよりチャット機能やメッセージ機能はより会話に近い感覚でやり取りできますね。 

SNSでもよりリアルに近い方が仕事がサクサク進みます。 

私もまだまだですが、最低限(この最低限がどこか、という問題もありますが)のSNS機能は使いこなさないと、

ビジネスでついていけない時代が来ていますよ!

 iot.jpg



2017年10月2日日経新聞に弊社が取り上げられました。


【日経新聞に掲載されました】
10/2日の日経新聞11面で取り上げていただきました。
 
働く人がもっと軽やかに働いてもいい、
頭の中にある枠をとっぱらって
もっと自由に。 
 
働き方改革が叫ばれている今、
ホワイト化といっても具体的に何をしていいか分からない、
そんな企業にソリューションを与えていきたい。 
 
そのために弊社はこれからも邁進いたします。 

「働き方改革のその先は、 
ホワイト企業と、軽やかに自由に働く人がいる」 
それを作る活動をますます進めようと、
思った一日です。 
  
 



生産性の鍵は睡眠にあり?


生産性の鍵は睡眠にあり。

厚労省の睡眠指針でも、

睡眠の質や時間が生産性に影響を与えることが記載されています。

たとえば、スリーマイル島の原発事故も睡眠不足による集中力低下だという指摘もあります。

また、起床後15時間経過した脳は飲酒をしたときと同じ酩酊状態とも。 

 

今日はワークライフバランス継続勉強会で睡眠マネジメントについてゲストをお招きして講演です。

とても楽しみです。

download.jpg