複業(副業)

副業・複業はポピュラーなのか?


厚生労働省が「働き方改革」の一環として、副業や
兼業を推進するためのガイドライン(指針)案を公表しました。

参考になる部分もあると思いますので、良ければご覧ください。


★1★ 副業を持ちたいか? その目的は?
・回答した293人の会社員のうち、「副業・兼業をしたい」と回答したのは、69%
・副業を持つ目的は
1位「収入を増やしたい」(50.5%)
2位「(起業・転職に向けて)将来の可能性を広げたい」(21.9%)
  3位「本業のためのネットワーキング」(15.1%)。

★2★ 副業を持ちたくない理由

・副業を持ちたくないと答えた会社員(31%)が挙げた理由は
  1位「本業だけで手一杯(余裕が無い)」(36.8%)
  2位「本業のパフォーマンスが落ちる」(32.2%)
  3位「会社が許可していない」(19.5%)
  4位「副業を持つメリットがわからない」(10.3%)

★3★ 年収別の差

・年収別では中堅レベル・中間管理職の多い年収800~900万円の会社員では
  43%が「副業・兼業」に後ろ向きな姿勢を示しました。
  業務量と責任の重さの割に時間の余裕が得られづらいこと、育児・介護
  などの責任が増える年齢層なことなどから、若手層・上級層に比べると
  自由が利きづらいという見方もできそうです。

将来のために様々な能力を活かすことは、

100年ライフにはとてもよいことだと思います。

images.jpg