お知らせ

【記事を更新】採用ルート、採用方法の種類総まとめ


企業にとって最大の悩み事は今や採用ではないでしょうか。

そしてよく「どの媒体がいいか」という質問を受けることがあるのですが、

実は、この質問自体ナンセンスです。今回は採用ルート、採用方法について【総まとめ】をお伝えします。

1.jpg

どの媒体がいいかということを考える前に、媒体なのかそれ以外なのか、または別の何かなのかを考えることが必要です。

媒体を使わずに採用を成功させている企業もあります。

ではどのような採用方法、採用ルートがあるのでしょうか。

今回はこれについてご紹介しましょう。

主な採用ルート一般的にこちらとなります。  

 

① ハローワーク

採用といえばまずハローワークという方も多いでしょう。

メリット:掲載費がかからない。企業にとっては最大の魅力

 

 

② 転職サイト(求人サイト)

現在は最も活用されているといってもよいでしょう。

メリット:使っている応募者が多い。

デメリット:サイトによってはコストがとてもかかる点 

 

③ 就職説明会

企業が合同で説明会を実施することを言います。

メリット:直接話をすることが出来るので、応募者にとっても、企業側にとってもメリットがあると言えます。 

 

④ 人材紹介

人材紹介会社が紹介をしてくれます。

メリット:企業に業務負荷がないこと。

デメリット:採用時には手数料を支払うため、コストが大きいと言えます。

有料人材紹介サービスのことです。

 

⑤ 紹介予定派遣

企業が派遣労働者を最大6か月受け入れます。その後正式に雇用するかどうかを判断します。

メリット:お互いがお見合いする時間があると言えるので、企業にとってもリスクが少ないです。

デメリット:コストがかかること 

 

⑥ 求人情報誌や新聞広告

メリット:以前からあった手法だと言えます。

デメリット:サイトを見ている応募者はこれらを見ていない可能性も考えられる

 

⑦ 自社サイト

メリット:サイトの作成費用だけで済む。特にエージェントを入れていないので他と比べてコストが低い。

デメリット:自社サイト自体が検索に弱い場合には作っても見てもらえない。サイトの力が肝である。

⑧ 直(ダイレクト)採用

社員の紹介(リファラル)や直接にメッセージを送る方法。

メリット:企業のファンを採用することが可能。ある程度企業のビジョンや夢に共感した人財が集まる

デメリット:担当者が直接メッセージをしたり声をかけるため負荷がかかる。

 

 

採用方法には様々な種類があることを知り、その中でどの方法が自社に合っているかをまず判断しましょう。

採用することは、企業の未来作りの一歩です。

企業の宝はまずは【人財】。

未来とビジョンを共有できる社員が集まるといいですね! 

 

今より3倍採用できて
いつまでも人が辞めない未来企業を作りませんか?
セミナーも開催中です。
===========
3月26日 (月) 7:00PM〜
https://www.street-academy.com/myclass/33963...
その他の日程
4月11日 (水) 2:00PM〜
https://www.street-academy.com/myclass/33963...

4月28日 (土) 3:00PM〜
https://www.street-academy.com/myclass/33963...

5月17日 (木) 2:00PM〜
https://www.street-academy.com/myclass/33963...

5月26日 (土) 5:00PM〜
https://www.street-academy.com/myclass/33963...

download.jpg