ティール組織

ティール組織:人の意識の進化と組織の進化


「組織は進化する」

このことがしっくりくる。

歴史を習っていた時代、なぜこんなに人は戦うのだろう、

なぜこんなに人は殺し合うのだろう

 

 

そう考えていて、今の自分だったら絶対にやだなと思っていたわけです。 

人の意識は進化しているのか?

進化していると考えないと絶対に我慢ならない状況だったわけですよね。 

だっていきなりゲルマン人が攻めてきて村ごと全滅してしまうことだてある。。

人の命の重さは時代を超えて変わらないのであれば、

人の命の重さを「感じる」人の心、意識が変わってきているということだと思っています。

532a8396ab76921527dbce4af0f06aff_44b383632907d67b4fecaf350c4d0ae8.jpg

そこでTEAL組織です。

組織は進化している。(何度もいうけれど)

日本の資本主義って戦後GHQから飛んできて、

戦後のゼロの状態から一生懸命、働く、生産する、生活が豊かになる、時間が出来るというように

「成長」してきました。

1980年代で、それも飽和状態。 

バブル崩壊で、働く、生産する、

もっというと、一つの「場所」に集まって「一緒に働く」ということの時代が終わったんですよね。 

img_network.jpg

クラウドでいつでもテキストのやり取りが出来て、

場所なんて関係なくて情報の伝達とタスクの管理ができるようになった。 

今クラウド、ITを使わない選択肢はビジネスをしていく中なら全く皆無。 

これからの子供たちはIT、アート、AIに対して生まれたときからなじんでいるネイティブ世代。

 

そんな子たちと20年後一緒にビジネスするんですよ。少なくても30代、40代の私達は。 

組織の在り方、働く場所の概念もそろそろ変わるとき。 

一つの場所に集まらなくてもいいし、一つの議題について「会話」で話さなくてもいい。 

シェアリングエコノミーの時代だけれど、シェアするのは何も自転車や車だけじゃない。 

人材だってシェアリングな時代です。 

  

弊社は複業(副業)を推進してますけれど、弊社の人材は複業、パラレルキャリアな人材だけでいいと心底思ってます。 

なぜなら、従業員マインドしかない人材はいつか企業体の重荷になるし、

強い組織や強い企業体を作っていきたいからです。  

  

そして組織は今までは大きいこと、人数がいることがよいとされてきました。

大企業の方が就職に人気で、経営者は従業員数で会社の規模や体力を暗に自慢していましたよね。 

それって1980年代、それ以降のなごりの、労働集約型組織、労働集約型生産方法だからこそ成り立っていた組織像です。

人がいれば沢山生産ラインを動かせる、人がいれば沢山商品が作れる、よって従業員は多いほうがよい、

それが当然、従業員の人数は限られているから、当然人数で穴埋めでいない経営者は労働時間を多くすることで

人数の穴埋めをしてきたわけです。 

  

それも2017年、働き方改革実行計画で崩壊。

いや、もっと前から崩壊していましたけれど、それも時代がシフトする時です。 

 

働き方を変えましょう、ということだけを言っているのではありませんよ。

生産性を上げましょうということだけを言っているのではありませんよ。 

システム、ITの発達でオズボーンの研究によれば労働者の半分はいらなくなる時代。

プロフィットを生む人材と、そうでない人材が分かれるということでもあります。 

 

組織の在り方を変える、

企業の在り方も変わる、 

 

そんな時代です。

そうなると必然的に組織を組織たらしめるパワー、動機付けも変わってきます。

今までは理念、ビジョンを一致させて、それに向かって突き進める、

そういうマネジメント方法が一番でした。 

組織1.0という状態です。 

それも悪くありませんが、もしかしたらTEAL組織のように、組織2.0の時代が来ているのだと思います。 

それはつまり、理念やビジョンといった会社と従業員が作り出した一つの「北極星」に向かって走ってください、

と言うのではなく、 

「何がチームの、目指すべきところなのか」を自らが選び取り、そしてそのチームが自営的に進んでいく、

意思決定機関や、事務機能等もない、そんな組織かもしれません。 

 

 

ブロックチェーンなどのお金の価値観のシフト、

TEAL組織に見るような組織の価値観のシフト、

これが一気に自分の中でシフトしたので、思うがまま記載しました。

組織1.0と組織2.0、

言い方を変えると、マネジメント手法の進化とも言えます。

マネジメント1.0とマネジメント2.0 

どちらがいいとか悪いとかではなく、その組織の「進化」過程に合ったマネジメント方法でいいのではないか、

そんなことも思いますし、TEALについてさらにギリシアで学びたいとも思いました。 

(ただ、4月のギャザリングは英語のレッスンがすでにあるので残念・・来年行こうと思います)

 

人の意識が進化している、 

企業体、組織の在り方も進化している、 

これからの組織作りに対しても研究を重ねていきます 

26165537_2000351873555143_5796071459175760739_n.jpg



ティール組織について思うこと


ライフ・ワークバランスという言葉があります。
そして人生には仕事以外にも家族、愛情、友人、自然、動物、体験、瞑想とか大切な要素があります。 

 

その全体からワークを切り取って、9時から18時、もしくはそれ以上もワークにエネルギーを傾けてきました。。

日本人は特にそうだと言われています。

 

ロンドンに留学して欧州や南アメリカの友人を見て「なんて人生を楽しんでいるのだろう」と思いましたが、
「なんてワークの間も人生に大切なワーク以外の要素を大切にしているのだろう」という感想の方がしっくりきます。 
 
TEAL組織を読んでいて、「全体性」という考えが出てきます。
ワークも「全体」の中の一つ。 今まではむりやりワークに注力していて、その反動でそれ以外を「ライフ」にくくっていた社会があります。 

   

これからは「全体性」を意識して、ワークの中でも「もっと人生に必要な要素」を大切する組織が勝っていくのだと思います。
(だってGoogleもその一つだと思います) 


そして個人が一人ひとり成果を上げることが出来て、それを「時間」の切り売りではなく成果と人間性を売りながら複数のワークを行っていく、 
私達がもっと「人間に還る」もっと、「全体性」の中で生きる、 そんな時代です。 
 
そしてその受け皿を企業側も作ると、成果が上がる、生産性が高い職場が出来ます。
 

teamwork-780x400.jpg