労務・就業規則

「選ばれる企業」に
なるために

就業規則の作成、変更、社会保険・労働保険の手続き、また適切な労務管理のためのコンンサルティングも行っています。

「ブラック企業」と一度言われるとインターネットですぐ広まり、採用やお客様への影響は計り知れません。 企業側が単に適切な労務手続きや管理を知らなかったでは済まされない時代です。 ブラック企業と言われないためにも、そして真に働きやすい企業となり、 採用で「選ばれる企業」になるためにも適切な労務管理は必須の時代です。

併設の港国際社会保険労務士事務所が業務を行います。

労務管理コンサルティング

社員の入社の締結した雇用契約書は「提示しなければならない」項目を網羅しているでしょうか。
どの位社員が働くと社会保険に加入させないといけないでしょうか。労働時間の管理は適切にされていますか。残業代の計算式は正しいでしょうか。
一度ブラック企業と言われると、お客様だけでなく自社の従業員の士気を下げ、求職者からも選ばれなくなってしまいます。
ブラック企業とは言われない、企業を守る正しい労務管理のコンサルティングを行います。

労務管理コンサルティング

就業規則作成・変更

会社の就業規則は定期的に見直していますか?
平成29年1月に育児介護休業法が改正され、介護休暇、育児休暇などが変更になっています。
特に介護はこれからの団塊世代の退職、高齢化に伴い介護は急増すると言われています。介護・育児が必要な社員が発生してから規定を見直すのでは対応が遅くなります。就業規則は今のうちから見直しておくことが重要です。
また、LGBT、高齢者など多様な人材を活躍させる土台を作りを、就業規則の見直しの上でも行います。

就業規則作成・変更

社会保険・労働保険手続き

入社、退社に伴って発生する社会保険(健康保険・厚生年金)、労働保険(雇用保険)手続きを承っております。
​外部に委託することで、お客様は本業に専念する時間が捻出されます。
さらにその分空いた時間で本業の営業に時間を使えば、企業の発展にさらに貢献できます。煩雑な手続は外注することをお勧めします。

社会保険・労働保険手続き

労務・就業規則に関する新着記事